食べては飲んで飲んでは食べてのグルマン日記


by jp_ambrosia
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

FERMO!

新橋の「Italian Wine & Grill FERMO!」へ。
高架下にあるイタリアンで、東京レストランガイドのイタリアン部門で長い間1位をキープしていたお店。
入口付近の個室でパーティースタート。
以下を4人でシェアしながらいただいた。

・冷前菜10種盛り合わせ Cold Appetizer Assortment
・トリッパのトマト・ソース煮込み ローマ風 Trippa with Tomato Sauce Roman Style
・リングイーネ ワタリ蟹のトマト・ソース Linguine Crab Meat Tomato Sauce
・ペンネ ゴルゴンゾーラチーズソース Penne Gorgonzora Chesse Sauce
・特選国産黒毛和牛の炭火グリル フィレンツェ風ステーキ Japanese Prime Beef Steak “Fiorentina”
・本日の鮮魚(カジキマグロ)の香草パン粉焼き Fried Today's Fish with Crispy Bread Crumbs & Herb
・パルマ産生ハムとイタリアン・サラミ盛り合わせ Prosciutto & Italian Salami Assortment
・鴨の田舎風パテ Foie Gras Pate Country Style

どれも4人でシェアするのにちょうどいい量。
値段から考えると非常にリーズナブルだと思った。
行く先々のリストランテで見かけるたびに頼んでしまう、リングイーネ+ワタリ蟹+トマト。
こちらの味もなかなか濃厚で、蟹の風味もしっかりと感じられる一品。
ペンネのゴルゴンゾーラチーズソースは、メニューにないものをお願いして作っていただいたのだが、「ゴルゴンゾーラチーズを使ったソースで・・・」とお願いすると、「ではペンネで決まりですね」の一言。
ペンネ以外じゃダメなんだろうか・・・。

ワインは、アペリティフにスプマンテをグラスでいただき、その後はまずFalchiniファルキーニのヴェルナチャ・ディ・サンジミニャーノから。
濃い目の色合いと蜂蜜のような香り、それでいてすっきりとした飲み口で、いい意味でイタリアワインっぽくないワインだった。
コストパフォーマンスも大。
調べてみたら、このワインはミケランジェロも愛飲したといわれるほど歴史あるものだとか。
その後は、この後に続けて飲む白ワインで、辛口ながら濃い目のものをとお店の方にお願いしたところ、シチリアのシャルドネをいただいた。
予想通りの強すぎる樽香・・・。
ちょっと違うな・・・。
赤ワインはタウラージを、と思ったら品切れだそうで、こちらもおすすめの1本をいただいた。
・・・が、これまたイマイチ。
悪い意味でイタリアらしい、パンチにかける味わい。
やたらと酸味も気になった。
あまりの残念さに名前すら忘れてしまった・・・。

お店の雰囲気もサービスもよかったが、選んでいただいたワイン2本が私にとってはハズレだったのがイタかったなぁ・・・。
[PR]
by jp_ambrosia | 2005-10-13 23:32 | gourmet diary